京都市 施設形態から探す求人特集
京都市の求人動向

京都府最大の都市、京都市。京都府の人口の半分以上が京都市に集中している大都市です。
住みたい街・住み心地がいい街のランキングで上位に挙がる京都市は、「住み続けたい街」として長く愛されています。
京都市で暮らす高齢者を支える介護の仕事を、施設の特徴とともにご紹介します!


求人をエリアから探す ご希望のエリアを選択してください

特別養護老人ホーム 老人保健施設

寝たきり状態など、在宅での生活が困難な高齢者が入居する介護施設が「特別養護老人ホーム(特養)」。要介護3以上の高齢者を対象とした介護施設です。常時介護が必要な利用者さんの支援を行っているため、高度な介護技術と知識を身に付けることができます。
一方で、介護が必要な高齢者が医療ケアやリハビリ、日常生活の介助を受けながら在宅復帰を目指すための介護施設が「老人保健施設(老健)」。リハビリ専門職や看護職と連携して働きながら、さまざまな視点からのケアを学ぶことができます。

求人情報を見る

求人をエリアから探す ご希望のエリアを選択してください

老人ホーム・サービス付き高齢者向け住宅

主に、民間法人によって運営される介護施設が「有料老人ホーム」です。施設によって、受け入れる高齢者の要介護度や提供するサービスに幅があるのが特徴です。入居者は、重度の要介護者のみではないケースが多いため、身体介護よりも日常生活のサポートが主な業務になります。
一方で、高齢者が安心して住めるよう整備された、バリアフリー対応の住宅が「サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)」です。介護施設ではなく賃貸住宅なので、職員は基本的に身体介護を行わず、安否確認や生活相談、ナースコールへの対応など、入居者の生活を支える見守りサービスが主な仕事になります。

求人情報を見る

求人をエリアから探す ご希望のエリアを選択してください

グループホーム

認知症の高齢者が入居し、共同で生活する施設が「グループホーム」です。入居者が自立した生活を送れるように、調理や掃除など、日常生活に必要な作業を一緒に行う 生活援助による支援が主な仕事です。入居者の症状に合わせて、食事や入浴などの身体介助も行います。

求人情報を見る